私のお気に入り!?着物が凄いのでしょうか?

一昔前では、当たり前のように着られていた着物ですが、
そもそも着物とは和服の事ですですよね。

 

 

文字通り「和」の服で、日本の伝統とも言える民族衣装です。

 

 

今では成人式や結婚式など、中々着る機会がないのも事実ですが、
最近では着物に関心が持たれ始め、家に眠っている「着物を高価買取」などと
宣伝しているCMをちらほら見かけます。

 

 

コートやジャケットの裏地やポーチやカバンなどの小物として再利用されているみたいです。

 

 

実際に着物をリメイクし出来た洋服を拝見しましたが、
かなりおしゃれで斬新。

 

 

着物そのものを着るには機会が少なかったり、
実際着ても帯が苦しかったり、身動きが取りづらかったりと、何かと不便ですよね。

 

 

しかし、着物をリメイクし出来た洋服はどちらのいいところも取り入れられていて、
そのうえ、おしゃれだと至れり尽くせりの洋服です。

 

 

流行がある洋服とは違い、着物自体には、流行がないので何年も着れます。
着物のいいところを、もっと取り入れて現在でも活かせるといいですね。

 

 

ご自分のライフスタイルや好みに応じて、着物との物語を作っていってください。

 

 

着物の隠れた利点

着物といえば時代遅れや重たくて着づらそうなイメージをお持ちの方は少なからずいると思います。

 

 

しかし着物には隠れた利点というものがあります。着物というのは洋服と比べても綺麗な衣類です。

 

 

 

それを纏うだけで着ている方自身が相乗効果で綺麗な人と町中で歩く人たちに思われやすいです。

 

 

 

更には着物は露出度が低いファッションです。夏場など暑い時期は衣装の露出度も増えやすいです。

 

 

 

そんな中露出度が少ない着物を羽織っている人はそれだけであらゆる年代の人たちからの

好感度が上がります。

 

 

 

また洋服というのは流行があり1年しか着用できないことも珍しくはありません。

 

 

 

しかし着物には流行というものが存在せず、何年も同じ衣装を着ることができます。

これは経済的であり、お気に入りの着物を場合によっては一生着ることができます。

 

 

 

またこうした着物は社交界の場でも喜ばれやすいです。ドレスなどと違い、

珍しさもありますが、上品な衣装というイメージがあるので多くの人の好感度も良いでしょう。

 

着物の感じと洋服の違い

着物を最初に着た感じは苦しいでした、帯で物凄く締め付けるから仕方ないですが
そうやって着てみると昔の日本の人ってなんて面倒な物着てたんだなーって印象がありました。

 

 

私が購入した着物は淡い薄いグリーンの白の鳩が飛んでる着物でした、後で思った事ですが
周りでの着物を着てる人って案外派手な柄を選んで着てるんですよね、菊とか黒と金の柄だとか赤とか
自分が買った着物が地味すぎて後悔したのですが、でもその時に言われた事が
振袖で袖が長いけど結婚したら袖を切って着れば良いみたいな事を言われて
歳とって着るんだったら地味な方が良いのかなって思ってその柄買ったんですよね。

 

 

それから着る機会が出てきて、私で言う高校卒業の時ですが
家の前の美容室で着付けと髪の毛のセットをしていただきました。

 

 

着物って着ると背筋が伸びてビシッとしますね、猫背にはならない気がします。

 

 

というか猫背になると帯が締まって余計に苦しい気がします。

 

 

もしかしたら昔の日本人って猫背な人ってほとんど居なかったかもしれないですね。

 

 

歩くのも歩幅が小さいのでなかなか前に進みませんが
日本人なら一度が着てみても楽しいんじゃないかなって思います。

 

 

 

でも、どしても自宅に着物があるけど

似合わない人がいるのは確かです。

 

 

そんな時は、大事にタンスに入れて保管しておくよりも

思い立った時に、業者に処分してもらう事をおすすめします。

 

 

というのも、着もしない着物を大切にしまっておいても

意味がないからです。

 

 

着物を引き取ってくれる業者は次に着物を必要と

している人に渡してくれるので安心する事ができます。