投稿日:

お連れ様も一緒に着物デート

街を歩いていると以前に比べて、着物を着て歩いている

女性の方が多いように思います。

 

 

 

歌舞伎や文楽などの伝統芸能を観たり、美術館で鑑賞する際に

着物で訪れるのはとても素晴らしいですね。

 

 

 

ただ男性の方で着物を着られる方は非常に珍しく、

あまり見かける事がありません。

 

 

 

 

男性の着物は女性が着付けるのに比べて非常に簡単です。

 

 

 

30分ほど帯の結び方を教えてもらえば大丈夫。

 

 

 

男性はお端折りがない分、仕立てる際の身丈の採算を

しっかり取れば多少体型が変わっても着られますし、

今はリサイクル着物も取り扱いがちゃんとしていますので、

お店に行けばサイズにあった着物をたくさん出してくれます。

 

 

 

男性は特に着物の敷居は低いので、もしお連れ様がまだ

着物を着ていないのであれば是非オススメしてください。

 

 

 

男性はスーツがあれば仕事に冠婚葬祭にと一着で事が

足りてしまう事があります。せっかく日本に生まれ、

着物という素晴らしい伝統的な装束があるのですから、

女性に限らず男性も着物でおしゃれをしてほしいものです。

 

 

 

男性はおしゃれに無頓着な方も多いですから、是非お連れ様に

オススメしてお二人で着物カップルになってもらえればより

一層素敵ではないでしょうか。

 

 

 

 

私が思う着物の好きなところと苦手なところ

私が思う着物の好きなところは何と言っても風情があるところです。

 

 

 

 

例えば、京都の舞妓さんは着物を着ていますが、それを

見るだけでとても風情があって和の素晴らしさを感じることが

出来ると思います。

 

 

 

 

着物の良さはそういった和の素晴らしさを感じることの

できるところにあり、着物を見る人も着る人もいつもと

違う雰囲気を楽しめるものだと感じています。

 

 

 

 

逆に苦手なところはどうしても手間が

かかってしまうということです。

 

 

 

 

着物は私服のように簡単に着れませんし、正しく

着付けをしてくれる方がいるくらいに難しいもので

もあります。

 

 

 

 

1人ではできない、あるいはかなりの手間がかかるという

ことが私は苦手に感じている部分です。

 

 

 

しかし、だからといって着たくないと思うわけではありません。

 

 

 

少なくとも着物を着るということは特別な日や行事が

あると思いますので、良い日にするためにも欠かせないものだと

感じています。

 

 

 

 

例え手間がかかったとしても、私にとって着物は和を

感じることのできる素晴らしいものということに

変わりはないと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です