投稿日:

私の若かりし頃

私の昔の話なのですが、若い時に仕事しながら夜学で勉強してたのですが、

その頃は16歳~だったんです。

 

 

社会というものが良く分かってない年頃ですよね。

 

 

その時の仕事での同僚で少し先輩の人がいてて、

ある日先輩がちょっと知人の所についてきて・・・と言われ
ついて行ったら阪急などの中の着物屋さんだったんです。

 

 

今着物買っておくと良いよと延々言われ続け買ってしまったのですが、

たしか総額で30万以上だったと思います。

 

 

その後に着物の式典があるからおいでって言われ行く事になったのですが、今思えば
良いように操れるカモだと思ったのでしょうね。

 

 

でもその時に母親に不振に思われて親も同伴で行ったのですが
色々着物を着せられ後々使えるよー今ならお得ですよーみたいな風に

またもや延々言われたのですが
母親がブチキレてしまって、その場でその先輩の同僚に

ボロクソに文句言って、私が泣きながら帰った記憶があります。

 

 

思えば親は心配して文句を言ってくれたのであり、

色々と理解した今では母親に感謝しかありません。

 

 

 

着物の魅力

日本人は着物が普段着であったのに、今はすっかり洋服になっていますね。

 

 

着物を着る機会もほとんどなく、改まった席で着る機会が多いせいか、洋服のほうが動きやすいし、気楽だと思うこともあります。

 

 

帰省すると、お盆には浴衣、お正月にはちょっとした着物を着る機会があります。
母が着物が好きで、着付けを習っていたこともあるせいかと思います。

 

 

今も習っているお茶のお稽古には着物を着て出かけているそうです。
実家には、私の祖母のものから着物がたくさんあります。

 

 

昔のものなのですが、今見ても柄が美しく感じられます。

 

 

洋服だと、柄と柄を合わせると、ちょっとうるさく感じてしまったりしまいますが、着物はそれがしっくり来たりするのですから、思い切った着こなしができるように思います。

 

 

また、帯留め、帯揚げ、半襟など、小物も豊富で、色や素材で印象が変わったりするのも、楽しみだと思います。

 

 

着物の保管には気を使いますが、たまに虫干しをするのも、年中行事のようです。お気に入りのもの、思い出の着物に会って、また袖を通す楽しみができたり。

 

 

私も次のこどもの入学式には着物を着て出席したいなと思っています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です