投稿日:

着物は日本の良さが詰まっているもの

着物は日本人が着ると映えるような気がします。違う国の人が

着たら似合わないというのでなくはなく、やっぱり黒髪の

目が黒い感じの女性が一番見やすくも感じます。

 

 

今は着物を利用してドレスも作られている時代です。

 

 

 

着物を着るまでないけどドレスならという方もいるのかもしれません。

 

 

着物は色々な種類がありますけど、初めて着たのは母が作ってくれた浴衣です。

母は和裁学校に行っていたのでそのようなものを作るのが好きなのかもしれません。

 

 

それを何年か前に子供達が着ました。母から見ると孫です。

 

 

 

私も嬉しかったことですけど、母もきっとその倍嬉しかったのでないかと思います。

 

 

成人式では振袖を着て、結婚式では打掛を着たりと写真を見るたびに

着れてよかったと思っています。

 

 

 

その気持ちがあるので子供達にもそのようなものを着て欲しいという

願いがあります。

 

 

 

やっぱり日本人に生まれて着たのですから、文化というのか

そのようなものを継ぐではないですけどその良さを着て知って欲しいです。

 

 

 

男性の着物は「袴」がポイントです!

先日、友人達の結婚式がありました。新郎新婦は学生時代のサークルの

カップルだったので、招待客もほとんどが知り合いです。

 

 

 

久しぶりの同窓会という雰囲気もします。女子はパーティドレスや

振袖を着て装っているので、会場は華やか。

 

 

 

そんな中で、男子一人が到着しました。彼はなかなかのイケメンで、

女子にも人気絶大だったのです。

 

 

 

彼は学生の時から着物が好きだったので、

この日も着物を着てきました。

 

 

 

スッキリした井出達ですが、どこか変・・・なぜか違和感がありました。

 

 

 

何?と思ってやっと分かりました、彼は袴を身に付けていない

「着流し」だったのです。

 

 

 

気流しは、浴衣の時とか近所にお買い物に出かける時などの

普段着ですよね。

 

 

 

これって、皆がフォーマルを着ている時にふさわしくないのに、

彼はそのことに気が付いていないのでしょう。

 

 

 

このままでは結婚式が始まってしまいます。

 

 

 

慌てて本人にその旨を伝えました。彼も知らなかったみたいで

ビックリしています。取りあえず会場の方に相談したら、

会場に予備の袴があるというので、それを借りることで一件落着。

 

 

 

ホッとしました。用意された袴は縞模様だったので、

正式すぎて少し堅苦しい気もしますが、仕方ありません。

 

 

 

サイズも少し短いけれど仕方がないです。

彼も「教えてくれてありがとう。」と言ってくれて良かったです。